一般社団法人 鍵盤ハーモニカ教育LABO

メニュー

鍵盤ハーモニカフェスティバル in Tokyo vol.4

全員参加型‼︎
鍵盤ハーモニカフェスティバル in Okayama Vol.3
「鍵盤ハーモニカ 」を合言葉に、子どもからシニアまで日本中から
鍵盤ハーモニカLOVE人が集まる鍵盤ハーモニカの祭典!
お手持ちの鍵盤ハーモニカと一緒に会場へGO!

【鍵盤ハーモニカフェスティバルin東京 vol.4】

とき:10月14日(祝月)
時間:Open 18:30 / Start 19:00
MC:前売¥3000+1drink / 当日¥3500+1drink (来店順入場・全自由)
小学生以下 1000円+1drink 未就学児無料
会場:スターパインズカフェ 0422-23-2251
住所:武蔵野市吉祥寺本町1-20-16 B1 https://mandala.gr.jp/SPC

2019年出演アーティスト

■鍵盤ハーモニカDUO Pia +
妹尾美穂 (鍵盤ハーモニカ)
野口茜(鍵盤ハーモニカ)
保坂修平(ピアノ)
塩のやもとひろ(パーカッション), 須藤ヒサシ(ベース)

■鍵盤ハーモニカオーケストラ*ソラノオト TOKYO
小島智美/西中諒/岡崎栄理子/林慎也/寺本真由美/登坂京/永瀬朋子/谷保/ちゃんぷるー
工藤裕/稲見博子/古賀玲子/岩井眞知子/田中美和/ほりけのりこ
〜サポートミュージシャン〜
野口茜(ピアノ)
須藤ヒサシ(ベース)
塩のやもとひろ(パーカッション)

お問い合わせ
080-1924-1550
(一般社団法人 鍵盤ハーモニカ教育LABO)

主催 一般社団法人 鍵盤ハーモニカ教育LABO
協賛 鍵盤ハーモニカオーケストラ*ソラノオトOKAYAMA


出演者プロフィール

【鍵盤ハーモニカDUO Pia+】

妹尾美穂(鍵盤ハーモニカ)

小学校で音楽専科として8年勤めた経験を生かし、鍵盤ハーモニカコンサートや芸術鑑賞会・アウトリーチ、鍵盤ハーモニカ導入講習、指導者講習、器楽合奏の指導、また鍵盤ハーモニカのワークショップなど全国で活動。幼稚園・保育園でのコンサートは全国の40公演以上。ヤマハWEBページにて「ピアニカ」 動画コンテンツに出演。
30年振りに2014年秋にモデルチェンジしたヤマハピアニカ「P-32E」「P-32EP」、また2018年春にリリースして「大人のピアニカ」の記者会見でピアニカ演奏プレイヤーとして抜擢国内最大級の楽器展示会「楽器フェア2014」ピアニカ奏者として出演。2017年 音楽之友社出版 雑誌「教育音楽~小学版~」にて【クラスみんなができる! ワクワク鍵盤ハーモニカ】連載。2018年 山陽放送(RSK)「RSKイブニングニュース」にて鍵盤ハーモニカを広める活動を密着取材。大人への鍵盤ハーモニカ普及にも力を入れており、鍵盤ハーモニカオーケストラ*ソラノオトを立ち上げ、音楽経験を問わず、音で繋がる喜びを伝えている。 年1回鍵盤ハーモニカフェスティバル東京、岡山を開催し、どちらも満席の中、好評を博す。鍵盤ハーモニカのワクワク伝道師として活動中。

野口茜(鍵盤ハーモニカ) 


4歳からピアノ、6歳から作曲を始める。 東京学芸大学教育学部在学中にクラシックの作曲法を中心に学んでいたが、偶然ラテン音楽に出会い衝撃をうけ、 卒業後からは日本では数少ない、女性ラテンピアニストとしてプロ活動を開始。 ラテン以外にも ジャンルを問わず様々なシーンで引っ張りだことなり、今のようにブームになる前から鍵盤ハーモニカも使い始め 稀有な存在として話題になる。�カラフルな音色と自由なピアノ、 風景が見えるカラフルな音色、曲 、人を惹きつけるパフォーマンスが全国で好評を博している。2017年秋に Eric Marienthal&野口茜トリオのCDを発売。 Motion blue yokohamaにて レコ発ライブや、ソロピアノ公演。 毎回満員御礼で幸せな空間を作り出す。 国内最大級のJAZZフェス 東京JAZZにも出演。 同じく東京JAZZ関連イベント KIDS JAZZに2017年から招聘され 大成功をおさめる。自身の出産をきっかけに 0歳から生の音楽に触れる大切さを知り、 親子向けライブも積極的に行っている。 地元横浜をはじめ、保育園や学校などでの 芸術鑑賞会での演奏でも全国を回っている。 ピアノだけではなく、 鍵盤ハーモニカでのライブも多く行い ワークショップなども積極的に開催。 今年はSUZUKIのメロディオン新製品 pro37vのプロモーション動画や、 ケンハモパーティーにも出演。 多くの人に様々な形で音楽を届けている

保坂修平(piano)


群馬県出身。東京藝術大学楽理科および大学院卒業。ジャズ・ピアノを吉田賢一氏に師事。クラシック、ジャズ、ポピュラーの語法をバランスよく取り入れた幅広く柔軟な音楽性には定評がある。「俺のフレンチ」などを展開する俺の株式会社の首席ピアニスト。群馬県渋川市観光大使。つのだ☆ひろバンドのピアニスト、アレンジャーを務める

須藤ヒサシ(ベース)


Bassist / Arranger
山梨県 甲府市出身
洗足短期音楽大学JAZZコースを卒業後、すぐにプロ活動を開始。
BASSは、コントラバスとエレキベースを弾きこなす。
JAZZ、POPS、BRAZIL音楽を中心に、LIVEツアーのサポートや、レコーディングなどで活躍中。
2016年に自己のバンド WATER WATER CAMELが活動休止となり、
2017年より地元甲府に戻り、街の電気屋さんの店主でありながら現役ミュージシャンという、二足のわらじで日々奮闘中。



塩のやもとひろ(Percussion)


日本大学芸術学部音楽学科卒業。卒業と同時に音楽活動を開始する。
大学時代に学んだクラシック音楽を土台とする技術の正確さやリズムのキープ力には定評がある。
サルサやラテンジャズなどラテン音楽を得意とするが、森山良子さんのレコーディングに参加したり、須藤元気さんのダンスユニット「ワールドオーダー」のライブにサポート出演したり様々な活動をしており、くわえて近年は演奏ツアー等で日本各地を訪れている。一方で浅草にある打楽器専門店、JPCにて教室やワークショップ講師を務め、1人でも多くの人に楽器の楽しさを伝える事を目標の一つとしているが、その一つの成果として2014年1月にはコンガ・ボンゴ、9月には第二段となるカホンの初心者向け教則DVDを発売し、好評を得ている。

【鍵盤ハーモニカオーケストラ*ソラノオトTOKYO】

鍵盤ハーモニカオーケストラ*ソラノオトTOKYO
妹尾美穂の主催する鍵盤ハーモニカワークショップに参加し、鍵盤ハーモニカに魅せられた大人たちが、「大人の部活動」という感覚で、月1回練習を重ねている鍵盤ハーモニカオーケストラ。東京、名古屋、岡山にそれぞれあり、総勢50名を超える仲間が各地でアンサンブルしている。音楽イベント出演やインターネットTV出演など、本格的に活動している。
年に一度「鍵盤ハーモニカフェスティバル」に出演

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Send to LINE